競馬入門 良質な情報

情報

競馬の大きな魅力は狙ったレースの着順を予想して当てることにありますが、競馬を始めたばかりの人はもちろん、ベテランの方でも毎回のように的中しているという人はごく稀です。予想の方法は人それぞれであり100人予想している人がいれば100通りの予想があるため必ずしもこれが正解だというものはないのです。

競馬に関する情報は膨大なので何を基準にして予想すべきか迷うものですが、入門としてテレビやスポーツ新聞、競馬専門誌、インターネットなど各方面から広く浅く集めて自分に合った方法で予想のしかたを編み出していくのも面白いものです。ただしスポーツ新聞などは他の新聞と差をつけるために一押ししている馬に統一性がないことが一般的なので、冷静になって納得できるものを参考にすると良いでしょう。

またインターネットなどでは専門のサイトや掲示板、また個人ブログなどが多数あります。特に個人ブログは毎日のように更新しているのでタイムリーですし、自分が知りたいと思った情報をピンポイントで探すことができるのでお勧めです。素人の予想屋ですが鋭いところをついている意見も多く、こんな考え方もあるのかと気付かされることもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

馬

レースの取捨選択により競馬入門者でも

レース

競馬のレースは当然ながら全てが同じではなく、的中しやすいものとそうでないものが存在するため、入門者であっても取捨選択により競馬の回収率を上げることが可能です。

最も的中しやすいうえに妙味があるのはG1で、的中の最も難しいレースが新馬戦です。G1は、収得賞金やレーティング、優先出走権やファン投票によって優先順位が決定されるため、基本的に出走経験が少ない馬はほぼ出走することができません。新馬戦を勝ち上がっただけで出走できるG1は、2歳馬による朝日杯フューチュリティステークスや阪神ジュベナイルフィリーズのみです。

このため、G1の場合多くの馬には参考にできる過去の成績があり、他馬との比較も容易です。一方、新馬戦は全出走馬が初出走のため参考にできる成績が無く、血統やデビュー前の調教内容、騎手などから予想する以外に方法がありません。血統ではある程度の傾向を掴むことができますが、デビュー前の競走馬の個々の能力を知ることは不可能です。逆に言えば、購入するレースから新馬戦を除外するだけで回収率が上昇します。

ハンデ戦や1600万条件も、除外した方が無難です。ハンデ戦は、どの馬にも勝つチャンスを与えるようハンデキャッパーが斤量を決定しますから、能力通りに決まることはそうありません。1600万条件は、勝つことでオープン馬となるため、以降は条件戦に出走することが出来なくなります。オープン競走は数も少ないことから出走もままならず、馬主にとっては1600万条件で入着を繰り返した方がメリットは大きいため、予想も難しくなりあえて手を出す必要はありません。

競馬はブックメーカーの還元率が高い

レース

イギリスを中心にヨーロッパにはブックメーカーという賭けがあり、還元率が高く人気を集めています。

日本の競馬は世界と比較して、還元率が低さが大きなネックです。

インターネットを使ってブックメーカーで競馬に賭ける方法があります。日本の主なレースはブックメーカーにもオッズがあるので、JRAよりもブックメーカーで賭けた方が得な場合が頻繁にあります。

ブックメーカーの大きなメリットは還元率が高いこと、インターネットを使うので場所や時間を選ばずどこからでも賭けられるという点です。還元率に関しては運営しているブックメーカー会社にもよりますが、概ね90%以上となっているので、日本と比較してかなり高い数値だと言えます。賭けるのであればオッズが高い方で賭けて、的中した場合の払戻金を多くしましょう。

競馬で収支を安定させたいのであれば、海外レースだけではなく、国内レースもブックメーカーで賭けられることを覚えておいて損はありません。日本の競馬ファンの中には、ブックメーカーで競馬を賭けるファンが増加しています。

競馬入門 投資

投資

競馬はただ単に見ているだけでも面白いものですが、多くの人は単に観戦するだけではなく賭け、投資の対象として見ています。入門者としては競馬ではどのように賭けが行われるのかを知ることから始めるべきでしょう。

端的には、競馬は競争であり、早くゴールした順番を争うスポーツです。ですから1着を当てる賭けが行われるというのはすぐに想像がつくでしょうが、予想の仕方というのは決して1着を当てることだけではありません。1着と2着を順番どおりに当てるとか、順番は問わないので1着と2着に来る馬を当てるといった予想方法がありますし、この他にもいろいろな予想方法があります。そして、自分が当たると思った予想の投票券をお金を出して購入するわけです。この投票券のことを馬券と呼びます。もちろん実際のレースが始まる前に買う必要があります。

そして、それぞれの予想に対して、倍率という数字が示されています。これは、その予想が的中した場合に、購入したお金が何倍になって返ってくるかを示しています。例えば2.4という数字が示されていれば、1000円のお金は2400円になって返ってくるということです。このように予想が的中すればお金が増えるために、投資として見られることもあるわけです。

疾走